ゲイ専用サイトだけでなく、一般サイトに女性として登録することで専用サイトに行くほど熱心ではない隠れゲイ・隠れバイとも出会える可能性があるため、出会いのチャンスが広がります。この方法は無料でできてサクラに遭うことがないという点でおすすめです。

ゲイが出会い系で出会える裏ワザ・攻略法とは?

女性として登録する裏ワザ

ゲイ同士の出会いを実現するのには、ゲイ専用の出会い系を使うことが最優先の選択肢となりますが、それ以外にも裏ワザ的な方法でゲイと出会うことが可能です。

それは、『一般の出会い系に女性として登録する』という方法です。この方法には、メリットとデメリットの両方があるのでそれぞれ抑えた上で選択肢として検討しましょう。

  1. メリット
  2. デメリット

メリット

まず、一番大きなメリットは、サクラに遭う可能性が低いということです。女性向けのサクラ行為が蔓延している最近の出会い系サイトですが、男性のみを相手にサクラ行為をしているサイトは決して少なくありません。そうしたサイトに女性として登録することで、サクラに遭うことなくたくさんの男性の中から好みの人を探すことができます。

一般の出会い系は、異性間の出会いを求めて利用する人しかいないと思われがちですが、ゲイ専用のサイトがなかった時代には、一般サイトを使うしか道がなかったこともあって、現在でもゲイの男性が少ないながらも利用しています。

また、この方法のメリットには、無料で使えるということもあります。基本的に女性向けのサクラがいないサイトは、男性のみが有料で女性は無料で使えるので、女性として男性を探すという使い方をすると料金がかからないわけです。

デメリット

しかし、一方ではデメリットがあることも事実です。

まず、女性に成りすまして登録するわけですから、当然相手の男性にとっては冷やかしや悪質な会員として捉えられる可能性があります。そうした男性の中には女性の中にゲイであろうと男性が混じっていることを迷惑行為だと考え、サイトに対象者を通報することも無きにしも非ずなので気をつけなければいけません。

そして、次に、いくら男性会員が多いサイトと言えどもゲイの数は非常に少ない可能性が高いということです。昔の名残で一般サイトを使い続けているゲイの人はいるにはいますが、最近の専用サイトの開設によって多くの人がそちらに流れていくようになりました。そのため、現在でも一般サイトを使っているゲイの男性は大きくその数を減らしているのが現状です。つまり、出会いのチャンスが少ない可能性があるというデメリットがあるわけです。

女性として出会い系を使う際の攻略法

女性として一般の出会い系に登録する場合は、こうしたデメリットを踏まえて使わなければいけません。

気をつけたいのは、男性会員の迷惑になってはいけないということです。基本的に男性は女性との出会いを求めて参加しているので、ゲイからのアプローチを好みません。たくさんの男性がいるからといって張り切り過ぎずに、自分からアプローチをする方法をとるのではなく、掲示板やプロフィールでのアピールに留めながら気長に待つ姿勢が大切です。

おすすめなのは、ゲイ専用サイトにまず登録しておき、そちらでアクティブに活動しながら、同時に一般サイトでゲイ男性からのアプローチを待つという、サイトの併用パターンです。

この方法であれば、出会いのチャンスを広げることができるだけでなく、あまり迷惑をかけることなく一般サイトも使えて、さらに、“ゲイ専用サイトに行くほど熱心ではない隠れゲイ・隠れバイ”とも出会える可能性があります。

専用サイトでの出会いがうまくいかないという人はぜひこの方法も検討してみましょう。