ゲイの恋愛では、服装や見出しなみをおろそかにしていては成功できません。イケメン、非イケメンに関係なく外見に気を遣うことが大切です。出会い系サイトでのメールでも、自分の趣味や好きなことなどに、外見に気を遣っていることをさりげなく交えて言葉にすることで好印象を与えることができます。

ゲイがモテるポイント - 外見に気を遣う

ゲイの恋愛では、外見に気を遣うことを忘れたらうまくいくものもうまくいかなくなる可能性が高くなります。清潔感についてのページでも紹介した通り、ゲイは相手を見定める際に非常に細かな部分にまで目を配ります。

清潔感があることは欠かせないことですが、清潔感があってもヒゲが伸び放題だったり、爪が伸びていたりするとモテない要因につながってしまいます。

つまり、外見といっても顔の良し悪しだけではないということです。たとえ、イケメンでなかったとしても、清潔感があって服装に気を遣い、スマートなマナーを身につけていれば、格好良く見えますし、反対に、たとえ顔がジャニ系のイケメンだったとしても、Yシャツやスーツがクタクタだったりだらしのない格好をしていたら好意を寄せられることは少なくなります。

その意味では、イケメンだからといってゲイの出会いで断然有利だとは決して言い切れません。むしろ、イケメンな分相手の判断基準のハードルが上がることだって考えられるわけです。反対に、非・イケメンでも、元々のハードルが低い分、外見をきちんと整えることで相手に好印象を与えやすくなるという面があります。

出会い系サイトでは、写メ以外に雰囲気や外見を相手に伝えることは難しいと感じるかもしれませんが、メールの文章で使う言葉や、相手の言葉に対する反応の仕方を工夫し、スマートな感じを演出することで好印象を与えることは十分可能なのです。

どうせメールだから、相手には対して何も伝わらないと考えているとしたら大きな損をしてしまう可能性があるということになります。

出会い系でメール交換をする時に、自分からわざわざ、外見で気を遣っている部分を事細かに説明する必要はさすがにありませんが、自分のこだわりや好きなことを言う場面などは必ずと言っていいほど訪れる機会ですので、そういった場面でさりげなく服装や身だしなみなどの外見に気を遣っているアピールを入れていきましょう。分かりやすいアピールには感じられないかもしれませんが、少ない言葉でもそういった点は見逃さないのがゲイの恋愛心理なので心配はいりません。

そうした小さなアピールが最後には「出会う」という大きな果実となってあなたに返ってくることになります。