サクラ詐欺などによって登録者を騙す悪質なゲイの出会い系の特徴について解説しています。広告メールから誘導される出会い系や、スムーズに退会できないサイト、後払い可能な出会い系は悪質なゲイの出会い系サイトの可能性が高いので利用してはいけません。

悪質なゲイ出会い系の特徴とは?

広告メールから誘導される出会い系

広告メールに記載されているゲイ専用の出会い系サイトは、ほぼ間違いなく悪質サイトであると考えて、メールを開かない、即削除するというのが鉄則です。

ゲイの出会い系サイトにも悪質なサイトは残念ながらあります。そのうちのひとつが、広告メールに記載されている、リンクされているサイトです。

広告メールといっても、メールマガジンや正当な手続きを経て送られてくるようなものではなく、受け取る側の意思とは関係なく、無断で送りつけられてくるタイプのメールがここでいう広告メールに該当するものと思ってください。

そうです、10年ぐらい前に世間を騒がした未承諾広告メールのことですね。

この、広告メールが全盛だった頃から変わっていないんですが、こうしたメールには大抵出会い系へのリンクが書いてあります。そして、その大半が悪質サイトであるということなんですね。

大半と言いましたが、実際にはほぼ100%といってもいいと思います。そう言い切らないのは、確実に100%と言い切るだけの証拠が手元にないだけですので、ここをご覧の方はすべてと考えてもらっていいのではないでしょうか。

で、この広告メールからリンクされている悪質な出会い系の特徴ですが、これには実に様々なものが存在します。

たとえば、ワンクリック詐欺などのようにリンクを開いた時点で請求画面へと遷移し強制的に架空の料金を支払せるというものや、偽の登録フォームを設けてそこから入力されたメールアドレスや電話番号を不正に抜き取るというサイトなども存在するわけなんです。

そういうサイトは出会い系と言いながらも実質使うことすらできないわけですから、出会い系サイトとしての体を成していません。つまり、まったく使うというか画面を開くことすらその価値がないサイトということが言えます。

しかし、こうした注意情報をお伝えしなければいけないのには理由があるんです。

というのも、信じられないことに、広告メールに記載されている悪質な出会い系もどきサイトへとアクセスして被害に遭ってしまう人がまだまだ減らないからです。

ゲイの人は一般の出会い系利用者とは少し事情が違うからとタカをくくってしまいがちですが、魅力的に見える文章や画像などでうまいこと誘導しようとするのが悪質業者の手口でもありますのでくれぐれも気をつけるようにしましょう。

広告メールをもし受け取っても開かずに迷わず捨てる!

これが鉄則です。

スムーズに退会できない出会い系

退会ができないようになっていたり、質問しても退会手続きに関する具体的な方法が案内されない場合は悪質出会い系サイトの可能性が高いので使うべきではありません。

ノンケの人が使う出会い系サイトの中にも退会できないようになっていたり、運営者側と複数回メール連絡を経てからでないと退会できないようなサイトが存在しますが、ゲイの男性が使う出会い系に関してもそれは当てはまります。

こうしたサイトの特徴は、とにかく「一度入会した利用者を決して手放さない」という執念にまで似た執拗さで使い続けようとさせる点にあります。要は、利用者をカモとしか思っていないということですので悪質な出会い系である可能性が非常に高いわけです。

もし、サイトの内容に問題がなければ決してそのようなことはしないはず。黙ってても人気を集めて人が自然と集まってくるからです。

つまり、一度入会した利用者を手放したくないという発想自体が、優良な出会い系の運営者にはないわけなんです。

こうした、退会不可能(あるいはひどく手続きが面倒)なサイトは使わないようにしなければいけません。それを避けるコツは意外にも簡単です。

悪質な出会い系には、優良なサイトにはある、「非・利用者でも分かりやすい退会方法の明示」がなされていないためです。退会方法が記されていなかった場合は、そのサイトを使うのは避けましょう。

もし、退会方法が書いてないサイトで、どうしても気になるから登録だけでもしてみたいという方は、登録する前に一度サイト側にメールをしてみるのもいいでしょう。そこで返ってくる答えが親切丁寧なものであれば登録をしてみるのもいいかもしれません。

しかし、返答内容が、具体的な退会方法に言及していない、そもそも返答がないというサイトであったならば、その時は利用するのを諦めるようにしてください。特に、そういったサイトの中で登録する際に携帯メールアドレスが必ず必要となるようなサイトの場合はなおのこと危険性が高いので避けるべきでしょう。

料金後払い制の出会い系

料金後払いのゲイ出会い系サイトには、利用制限がないものや、サクラがいる可能性が非常に高いので使うべきではありません。必ず前払い制の出会い系を使うようにしましょう。

登録した出会い系サイトを使う前にそのサイトが大丈夫かどうかについて調べるようにしましょう。ひょっとして、そのサイト料金後払い制じゃありませんか?

後払いで支払うタイプの出会い系を使うメリットは、入金手続きなどせずともすぐに出会いを求めて使い始められるという点にあります。クレジットカードを使ったり、ネットバンキングで振り込めばわざわざ後払いにせずともすぐに使い始められるわけですが、出会い系でクレジットカードを使うのはちょっと抵抗がありますし、ネットバンキングでも夜中は入金されませんので次の営業日まで待つことになります。

こういった理由から後払い制のサイトを使う人は少なくないわけですが、このタイプのサイトには悪質なものが非常に多いので気をつけなければいけません。

  1. 後払い制のサイトに悪質出会い系が多い理由
  2. 利用金額に制限がない場合もある

後払い制のサイトに悪質出会い系が多い理由

有料の出会い系サイトは、相手とのメール交換回数を重ねるごとに利用料金が膨らんでいくシステムでしたね。

メールのコミュニケーションは、出会うという性的な欲求に基づく場合、話の途中で切り上げることが非常に難しいものです。

たとえば、会話が弾んでいる途中で、しかも自分のタイプの男性からのメールを途中で切り上げることが実際にできるでしょうか?

ほとんどの人ができないのではないでしょうか?メールを切り上げることで、自分に対する印象を悪くしてしまいかねませんし、相手が別の男性を探し始めるという不安もあります。

つまりどうなるかというと、ほとんどの場合、相手とメールアドレスや電話番号の交換を終えて直接連絡を取り始めるまではメールの会話が途切れることはないということです。

もうお分かりですね。そうです。後払いの場合は、利用料金が膨らみやすい傾向が強いのです。

そして、この傾向と相性がいいのがサクラの仕組み・システムです。

なぜなら、サクラは延々と会話を引き延ばすことで料金を釣り上げるのを目的としているからです。

この、利用者にとっては非常に迷惑な相性の良さがあるので、後払い制のサイトにはサクラが多く、したがって悪質出会い系である場合が往々にしてあるということになります。

利用金額に制限がない場合もある

利用料金が膨らみやすくても、ある一定の金額で機能が使えなくなれば、それはそれでいいかもしれませんが、そうじゃないサイトもあるのが問題なのです。

利用金額に制限がないサイトでは、数十万円という単位で利用金額が請求されることも珍しい話ではありません。それでも、最愛の人と出会えればそれはそれでいいかも分かりませんが、実際にはサクラとばっかりメールをしていて出会えないという人の方が多いのです。

これはもう単なる悲劇でしかありません。

こうした事態に巻き込まれる可能性が後払い制の出会い系には多いので慣れていないゲイの方は、有料のサイトを使う場合は、必ず前払い制のサイトを使うようにしてください。

安全に出会うためのポイント

この記事で解説した悪質な出会い系に共通していることは「ゲイ専用」と謳う出会い系であるということです。

つまり、安全にゲイの出会いをするには、ワクワクなどのゲイ専用ではないものの、安全性が高く、確実に出会える出会い系を使うということが最大のポイントということになります。

ゲイ同士の出会いだからといって、専用のサイトがいいというわけではないのでくれぐれも騙されないように気をつけましょう。