ゲイの人が出会い系で出会って体の関係を持つ場合は、様々な病気や感染症にかかりやすい危険性があるため、避妊具を使用するというのが非常に大切です。

出会う前に病気のリスクがあることを理解しておく

出会い系で出会って性感染症に罹る危険性

ゲイの方はすでに知っている人も多いでしょうが、当サイトには若いゲイの方も多くご訪問いただいているようなので病気のリスクになる可能性について説明しておきます。

ご承知の通り、ゲイのカップルの性的な営みは、ア○ルに挿入することになるわけですが、直腸内部は大変粘膜が弱く、感染症にかかりやすいという面があります。ノンケの人に比べ相対的に、ゲイの人にHIVが多いのにはそうした理由があるわけです。

しかし、病気といってもHIVだけではありません。

直腸は排泄機能をつかさどる部分なので大腸菌やその他雑菌が非常に多い臓器でもあります。そうした雑菌が元で様々な感染症になるリスクがあることを知っておきましょう。

また、ア○ルだけでなく、男性器自体も粘膜が弱く傷つきやすいということも踏まえると、病気のリスクを最小限に抑えるためにも、避妊具を利用するということを徹底しなければいけません。

定期的な健診・検査を怠らないことが大切

こうした病気や感染症のリスクをさらに抑えるためにも、定期的な健診をうけることが大切です。

特に、ゲイとして多くの性体験を持つ人は、普段の定期的な健診だけでなく、新しいパートナーができた際などに2人で一緒に性病などの検査を受けるように習慣づけることは、予防という観点からも大変有効となるでしょう。

病気になるのは、決して自分だけとは限りません。不用意な行為が元で大切なパートナーを肉体的にも精神的にも傷つけるリスクがあることをしっかりと認識しておくのは欠かせないマナーです。

遊び人の男性に気をつける

ノンケの人でも、不特定多数の女性との性行為を繰り返している人は性病にかかるリスクが高いことはよく知られています。それと同じように、ゲイでもたくさんの男性との関係(特に、一晩限りの関係)を気軽に、多く楽しみたいという人はいるものです。

そういった男性のことをいい・悪いと論じるわけではありません。あくまで、確率的にそういった男性は病気にかかるリスクが高くなりがちだということです。

同様の理由から、「売り専」の男性と関係を持つ際もリスクがあることを知っておかなければいけません。

病気の予防は、実際に病気になってみないと実感できないことではありますが、自分とパートナーを守るために、備えておきべきエチケットであるということを忘れないようにしましょう。