ガチポ好みのタチ専の人は、エロい会話だけでなく日常会話を織り交ぜることで他のライバルに差をつけることが可能です。もし、可能であればガチポ以外のヤセやポチャなどのウケ・ネコにアプローチする相手を変えると比較的出会える可能性が高くなります。

タチ専の人がゲイ出会い系で出会うコツとは?

ゲイで一番多いタチ専の男性

ゲイの中で一番多いのが、このタチ専の男性です。概ね7対3ぐらいの割合だと言われていますので、当然出会い系利用者についても7割近くがタチ専だと考えることができます。

ということは、要するに出会い系サイトの利用者の中では、一番競争率が高く、出会うのが難しいタイプということなんです。

しかも、タチ専の多くが出会い系では、ガチポのウケ・ネコを求める傾向が強いということを踏まえると、競争率は更に高くなるということです。

ガチポ好みのタチ専が出会える確率を高める攻略法

ガチポしか考えられないという人は、激しい競争が待っていることを覚悟で相手を探すしか道はありませんが、アプローチ方法を少し変えることで成功率を高めることはできます。

具体的には、セックスやセックスのテクニックの話ばかりではなく、普通の会話をより多く取り入れるということです。ゲイの出会い系における目的のほとんどが肉体関係であることは周知の事実ですが、そのまんまエロい話ばかりしていてもライバルに差をつけることはできません。ライバルに差をつけるためには、いかに自分が目立つかどうかということが大切ですから、人とは違ったアプローチをする必要があるわけなんです。

エロい話はそこそこに、それこそほのめかすぐらいに留めておきながら真剣な話や、人物像が伝わるエピソードなどを盛り込んでいきましょう。人間は、性的な関心だけしかない相手よりも、性的な関心+内面に対する関心がある相手に対しての方が、結果として性的な関心が高まるという部分があるので、それを狙っていきましょう。

求める相手像を考え直してみる

ガチポのウケ・ネコを探している人でも、「出会い系だから思いっきり理想を求めちゃった」という人いないでしょうか?

おそらく、結構多くの人がこれに当てはまると思います。ガチポと会うまでに何日もかけるぐらいだったら、より早く出会えるヤセやポチャの方がいいと思う人もいるはずです。そういう人は、敢えて厳しい戦いに身を投じることなくて済む方を選択した方がいいかもしれません。

ガチポ以外のウケ・ネコは絶対数が少ない割に需要が少ない傾向が出会い系では強いので、むしろ狙い目です。

出会い系サイトを使い始める時は、なんとなく好みのプロフィールにしたまま、それを特に気に留めることなく使い続けることが多いので、途中途中で改めて設定した好みについて考え直してみることをおすすめします。