写メ画像出会い系サイトに登録しているサクラやキャッシュバッカーは、他人の写メを悪用してプロフィール写真として登録しています。出会い系のサクラやCBはTwitterに投稿された写真や台湾人などの写メ画像をプロフ写真として登録しているので騙されないように気をつけましょう。

サクラやキャッシュバッカーは写メを載せていることが多い

サクラしかいない、出会えない系の出会い系サイトでは、サクラにはほとんど場合写メ画像がプロフィール写真として設定されています。女性のサクラだけでなく男性についても同じです。出会い系サイトを利用する人の心理としては、写メ画像がないよりもあった方がメールを送りたくなるものなので、サクラサイトの業者としてはできるだけ多くのサクラに対して、メールを送る相手が返信したくなるような写メ画像を使おうとするわけです。

また、基本的に一般の女性しか登録していない出会える系の出会い系サイトでも、プロフィールに写真を登録しているサクラやキャッシュバッカーがとても多いです。出会える系の出会い系サイトには、援デリ業者が不正に登録している架空の女性会員(=サクラ)がとても多く、男性からメールをもらいやすいよう、他人の写メ画像をプロフィール写真として登録しています。同じように、キャッシュバッカーも男性に本物の女性と信用させるために、プロフィールに写真を載せていることが多いです。

サクラやCBのプロフィール写メは誰の写真?

サクラやキャッシュバッカー(CB)がプロフィールに登録している写メが、本人の写真であることはまずありません。ほぼ100%が他人の写真で、写真の女性と会えることは一切ありません。

出会い系とはまったく関係のないTwitterやSNS上で投稿された写真が無断で盗用されていたり、ライブチャットなどのパフォーマーなどネット上で写真を掲載することが多い人たちのものが悪用されているというのが実態です。

※ライブチャットを利用していると、女性パフォーマーが自分の写メが出会い系で勝手に使われて困っていると言う話を聞く機会がたまにあります。

また、出会い系サイトのサクラ用の写メとして悪用することを前提に、懸賞つきの写メコンテストなどの名目でサイトが開設され投稿者から送られてくる写メ画像を収集するという場合もあります。

サクラ・CBかを見分ける方法

出会える系のサイトで、プロフィールに写真を登録している女性がサクラ(またはキャッシュバッカー)か、本物の女性かを見分ける方法は次の二つです。

  • 顔が写っていない鏡越しに撮影された写真を載せている女性はサクラかCBの可能性が高い
  • プロフィール写真以外の写真を送るよう頼んでも送ってもらえない場合はサクラかCBの可能性が高い

出会い系に登録している本物の女性がプロフ写真を載せる場合、顔が写っていない写メを載せることはまずありません。顔が写っていない写真をプロフに登録する女性は、サクラかキャッシュバッカーの可能性が非常に高いです。中でも「鏡越しに撮影された写真」を載せている女性は、ほぼ間違いなく援デリのサクラかキャッシュバッカーと判断して間違いありません。

また、プロフィールに載せている写真以外の写メを送るよう頼んでも頑なに拒否する女性もサクラかキャッシュバッカーの可能性が高いです。特に、顔が写っていない女性の場合は間違いなくサクラかキャッシュバッカーです。他人の写メを自分のプロフ写真として登録しているサクラやキャッシュバッカーは、同一人物の他の写メを持っていないことが多いので男性に送るよう頼まれても送ることができないのです。

これらの二つのポイントからサクラ・キャッシュバッカーか、本物の女性かを見分けることができます。

業者に写メを悪用されないための対策も講じておく

出会える系の出会い系サイトには、一般の登録者が投稿している写メ画像を収集してサクラの写メとして悪用する業者もいます。

サクラがいないサイトであると安心しきって顔写メなどを投稿していると、登録者に成りすました悪徳業者に画像を無断で収集され、それがサクラ出会い系においてサクラ用のプロフ写真として悪用されるリスクがあります。

自分がサクラの写メに騙される危険性以外にも、自分が登録した写メがサクラとして悪用される危険性があることを踏まえて、プロフィールに写真を載せるときは、悪用されづらい写真を選ぶように対策を講じておくことも大切です。