※記事のリストは更新日時が新しい順に表示していますので、最新の情報にすぐにアクセスできます。

  • 最終更新日:

    出会い系サイトには援デリのサクラや業者、キャッシュバッカーなどの悪質な女性登録者に騙される危険性がありますが、特徴や手口を知っておけば騙されるリスクを回避して安全に出会ることができます。

  • 最終更新日:

    LINEやカカオトークのIDを教える業者が増加しています。特に、ハッピーメールなどの出会い系最初のメールでLINEやカカオのIDをメールで送ってくる女性はサクラ出会い系の業者の可能性が高いので釣られないように気をつけましょう。

  • 最終更新日:

    出会い系サイトのサクラ(オペ)のアルバイトの実態や摘発事例から伺える悪質なサクラ出会い系サイトの裏事情について解説しています。サクラ出会い系の業者は出会える系のサイトにも女性として登録していることがあるので騙されるのを防ぐためにも実態について理解を深めておきましょう。

  • 最終更新日:

    LINEの出会い掲示板には悪質なサクラ出会い系の業者が誘導目的で多数登録しているので危険です。中には、悪徳サクラ出会い系に誘導するための見せかけだけのLINE掲示板もあります。いずれにしてもまったく出会えない可能性が高くおすすめできません。

  • 最終更新日:

    SNSやスマホアプリなどの非・出会い系サイトの方が出会い系よりも安全というのは間違いです。SNSや出会いアプリは利用者の年齢確認を行っていないので18歳未満の未成年が援助交際被害に遭う危険性が高い上に、女性もサクラばかりで出会えないことがほとんどです。

  • 最終更新日:

    出会い系アプリは会える仕様になっているサイトであれば基本的に業者が必ずいるものです。婚活向けのFacebook系の出会いアプリ以外の一般的な出会い系アプリには必ず援デリやサクラ出会い系の業者がいるのでより安全性の高いアプリを選ぶことが大切です。

  • 最終更新日:

    ラインやメールで出会い系サイトに登録させようとする女は、サクラ出会い系の誘導業者の可能性が高いです。サクラ詐欺の悪質な出会い系サイトの業者は、女性のふりをして男性にラインやメールを送りサクラ出会い系に登録させようとするので騙されないようにしましょう。

  • 最終更新日:

    ハッピーメール にログインした直後などのタイミングでメールやいいね!を送ってくる女性は、アドレス回収業者や援デリのサクラの可能性が非常に高いので返信メールを送ってしまうと被害に遭う危険性があります。返事を送らずに無視する方が安全です。

  • 最終更新日:

    不倫専用の出会い系SNS「アシュレイ・マディソン」について解説、評価しています。アシュレイ・マディソンのサイト内には援デリ業者が非常に多く女性に成りすまして登録しているので現在のところは利用価値が高いと評価することはできません。

  • 最終更新日:

    大人の出会いが比較的簡単にできる出会い系 PCMAX でメールを送らない方がいい利用者について、口コミ評判を元に解説しています。PCMAXに登録している危険人物の特徴や見分け方を理解しておけば騙されずに済みますし、安全に出会えます。

  • 最終更新日:

    出会い系の中でも比較的出会える確率が高いと評判の PCMAX のサクラ・業者に関する口コミ評判をまとめています。外部の悪質な業者が登録しているサクラの女性に騙されないための見分け方、攻略法を徹底解説しています。

  • 最終更新日:

    既婚者専用の出会い系サイトはほぼすべてがサクラ詐欺の悪徳サイトなので被害に遭う可能性が高いです。安全に既婚者と出会うには、出会える系の優良出会い系で既婚者に限定して検索するのが一番安全で効率がいい方法です。

  • 最終更新日:

    ワクワクメールやハッピーメールの名を騙る悪質なサクラ詐欺出会い系に騙されないよう気をつけましょう。詐欺サイトの中には有名な人気出会い系サイトと称して誘導・登録させ、サクラ詐欺により不正課金を行うサイトがあるので、間違って登録しないようにしましょう。

  • 最終更新日:

    出会い系ワクワクメールには、サイトが雇ったサクラが一切いません。ワクワクなど出会える系の出会い系サイトにサクラがいない理由は、サクラがいない方が利用者からの評判がよくサイトの運営を長く続けられて、儲かるというメリットがあるためです。

  • 最終更新日:

    出会い系サイトには、TwitterなどのSNSから他人の自撮り写メを無断盗用してプロフィール写真として掲載しているキャッシュバッカーや業者が多いので騙されないよう、業者やCBがプロフ写メに使う画像の特徴について理解しておきましょう。