写メ画像出会い系サイトには、TwitterなどのSNSから他人の自撮り写メを無断盗用してプロフィール写真として掲載しているキャッシュバッカーや業者が多いので騙されないよう、業者やCBがプロフ写メに使う画像の特徴について理解しておきましょう。

他人の写メをプロフ写メにしている業者の存在

出会い系を利用する男性にとって、女性を選ぶ大きな指標となるのが写メ画像ですが、出会い系の女性利用者の中には、他人の写メをTwitterなどから無断で盗用し自分の写真画像として掲示板などに投稿し男性を騙す悪質な利用者などが多いので、写メ画像から女性を探すときは十分な注意が必要です。

中でも多いのが、顔バレしないような構図で鏡越しに撮影された自撮り写メをプロフィール写真として投稿している“女性”です。これらの“女性”のほぼすべては援デリのサクラかキャッシュバッカー、サクラ出会い系への誘導業者なのでメールを送ってはいけません。

出会い系で女性を探すとき、プロフに写メが載せてあるとサクラなどではなく、一般の実在する女性だと安心してメールを送りたくなるものです。しかし、悪質な業者らは“たしかに実在する女性の写メを無断盗用して掲載する”ので、写真だけで釣られてメール送ってしまわないように気をつけましょう。

そもそも普通の女性は写メを掲載しない!?

男性を騙してポイント稼ぎをするキャッシュバッカーなどの悪質な女性利用者の写メの特徴について考える前に、抑えておかなければならないのは、出会い系では普通の女性は写メを掲載しないことの方が多いということです。普通の女性は、メールをもらったり送ったりした男性とのメール交換を通じて会話をしていく過程で個別に写メを交換することの方が圧倒的に多く、“もしかしたら知り合いがみているかもしれない”出会い系の掲示板やプロフィールには、リスクが高いので写メを掲載する人は少ないということを予備知識として頭に入れておきましょう。

実際、出会い系で出会った女性の多くから話を聞いてみると、

「顔写メなどはとてもじゃないけれども公開できない」

とほとんどの人が口を揃えて言います。その理由は、主に次のようなことです。

  • 出会い系を使っていることがバレないようにするため(知り合いに見つからないため)
  • 公開した写メが悪用されるのを防ぐため

いくら出会いが欲しいと強く希望している女性でも、顔を不特定多数の男性に晒す勇気は普通持ち合わせていません。このことから、顔が分かる写メを公開している女性は高確率で悪質利用者であると考えることができるわけです。

※関連記事

写メを掲載している女性利用者の実態

出会い系サイトの利用者の中には、登録する前の予想やイメージとは異なり、非常に多くの人が写メ画像をプロフィール写真として掲載していたり、掲示板へと投稿しているという実態があります。

ですが、これらの利用者については必ずしも出会うことを目的としない場合があるので注意しなければなりません。業者である可能性もあるので男性利用者が騙されるリスクがあるのが実態です。

  1. サクラ出会い系などへ誘導する業者
  2. メアドを回収する目的の業者
  3. 援デリのサクラ

サクラ出会い系などへ誘導する業者

写メ画像を投稿している悪質な女性利用者の中で、キャッシュバッカーを除いて最も危険性が高いのがサクラ出会い系などへ誘導する業者の存在です。このタイプの“女性利用者”は、メインで使っているサイトが他にありそれらは無料だなどという文句と共に男性利用者をそれらのサクラ出会い系サイトへと誘導しようとするのです。

メアドを回収する目的の業者

また、他にも男性からのメールが送られてきやすいように(男性を釣りやすいように)写メを投稿し、メールアドレスの交換までメールを繰り返して、男性から教えられたメアドや電話番号を収集する目的の業者も存在します。このタイプの業者の場合は、男性が被害に遭ったことが分かりにくいという構造的な問題があります。

たとえば、男性利用者がメールアドレスを教えたとしても相手の業者からの直接的な反応がないことがほとんどだからです。

そして、数か月たったある日突然迷惑メールが送られてくるという事態に陥るのです。

援デリのサクラ

以前は援デリ業者が出会い系に登録するサクラのプロフィールに、写メ画像が掲載されていることはそれほど多くありませんでした。しかし、昨今では騙される男性が減ってきたこともあって、プロフ写真を載せている援デリのサクラがとても多くなってきています。

援デリのサクラが使う写メで多いのは、顔が映っていない首から下だけの画像です。これは、プロフィールを人妻などとしているサクラキャラにとっては都合のいい写真です。既婚者・主婦であることを理由に顔を見せないことを正当化することができるからです。

こういった写メを投稿している女性にメールを送るか悩む場合は、写メ以外のプロフィールコメントや、掲示板への投稿履歴、メールの内容などを併せて評価することで騙される危険性を避けることができます。

キャッシュバッカーや業者の可能性が疑われる写メの特徴

それを踏まえた上で、写メを適切に評価するためのポイントを解説します。

  1. 顔がハッキリと分かる写メ
  2. 鏡の前で撮影した自画撮り写メ
  3. ヌードなどのアダルト画像
  4. いろいろなサイトで見かける写メ
  5. やたら綺麗・可愛い写メの女性
  6. 写メコンに参加している

顔がハッキリと分かる写メ

掲示板に顔がハッキリと分かる写メを投稿している女性については、メールを送ったりするなどアプローチをする前にキャッシュバッカーである可能性があることを検討しなければいけません。キャッシュバッカーとして活動している女性は、男性からメールを受信することでポイントを獲得することができるので、より多く男性からのアプローチを受けるために顔がハッキリと分かる写メをプロフィールや掲示板の書き込みに投稿しているケースが多くあります。

男性利用者が女性に対してメールを送信するか否かの判断基準として写メ画像の有無は有力な指標になるので、そのことにつけ入るようにキャッシュバッカーたちは写メ画像を投稿するというわけなのです。

先にも解説した通り、普通の女性利用者はそもそも写メを大々的に公開すること自体がほとんどありません。ましてや、顔がハッキリと分かる写メ画像を投稿することはほとんどありません。誰もが自由に見ることができる広く公開された掲示板やプロフィール上ではなく、メールを交換している男性の中でも会うことを決めた人に対してのみ個別に写メを送信することの方が圧倒的に多いというのが実態です。その写メ画像についても、会ってみないとどういう人物か分からないというリスクを考えて、顔の一部しか写っていない写メにしたりすることが多いというほどです。このことについては、出会えた体験をしたことがある人の多くが同じように感じていることではないでしょうか。

したがって、顔がハッキリと分かる写メ画像を投稿している女性に関しては、できればメールを送信しないようにした方が無難ということになります。写メを見て自分のタイプの女性であった場合などはどうしてもメール送りたくなるのが男性心理ですが、メールを送るにしても、キャッシュバッカーに騙される危険性があるということを踏まえた上で送信するようにしましょう。

もし、返信をもらうことができても必ずメールアドレスの交換をしてから会う約束をするようにするのが被害に遭わないためのポイントになります。

鏡の前で撮影した自画撮り写メ

これについては、最初に紹介した記事の中でも取り上げている通り、大抵がTwitter上やSNS上でパクられた写メである場合がほとんどです。写メ画像を盗用する方も顔がハッキリと写っていないことが多いそれらの自画撮り写メについては盗用しても問題は少ないものと勝手に決め込んでいるのか盗用されやすい面があります。こういった画像は、イククルハッピーメールPCMAXなどサイトを問わず、出会える系のサイトでは非常によく見かけますので十分注意するようにしましょう。

ヌードなどのアダルト画像

出会える系の出会い系には、アダルトとまじめと主に2種類の掲示板メニューがありますが、その中でもアダルト掲示板には、ヌード画像などを投稿している女性が非常に多くいるものです。これらの女性の写メは大抵が顔が写っていないものであったりするのですが、このタイプの写メ画像を公開している女性はほぼ間違いなくキャッシュバッカーかもしくは風俗業者です。というのも、ヌード画像などの際どい写メ画像は男性の好奇心を掻き立てやすくポイント消費させやすいので効率よくポイン稼ぎができたり、アプローチメールを受信したりすることができるためです。

こういった写メ画像を楽しんで見るということであれば別に構いませんが、出会うという観点からは避けるようにしなければいけません。

いろいろなサイトで見かける写メ

色々な出会い系サイトでよく見かける写メの女性は、キャッシュバッカーや風俗業者などの一般の女性ではない利用者のものである可能性が非常に高いです。キャッシュバッカーも業者もより効率よく男性利用者を騙して金銭的なメリットを得ようとします。そのためには、ひとつの出会い系に登録するよりも複数のサイトを使い分ける方がより効率がいいので、様々な出会い系のサイトに登録し頻繁に活動しているという特徴があります。

また、写メ画像が投稿されている女性は、そうでない女性よりも男性の関心を惹きつけやすいですし、メールをもらえる可能性が高くなるのでそれらの悪質な利用者は写メ画像を投稿している場合が非常に多いというのが実態です。

キャッシュバッカーの多くは、自らの写メ画像を加工し本人を特定できないような状態で写真を投稿していますが、出会えない悪質な女性利用者の中には、顔がハッキリと分かる写メを投稿しているケースなども見受けられます。それらの女性利用者に関しては、サクラ出会い系サイトなどで使用している写メ画像であることが多いということなのです。

サクラ用の写メとして利用している写メを出会える系のサイトにおいても女性の写真として投稿し、メールを送ってきた男性をサクラ出会い系の方へと誘導することを目的とした業者なども多いので要注意です。

したがって、あまりにも多くの出会い系サイトに登録していて、どのサイトにおいても活発に活動しているような女性利用者に関しては、そういった出会えない女性である可能性が疑われるので避けた方が無難です。

もちろん、中には男性利用者同様、より効率よく出会うことを目的に複数のサイトに登録している一般の女性もいるにはいますが、割合からすればそういった女性は非常に少ないので出会える可能性よりも被害に遭う可能性が高いので避けた方がいいというわけです。

やたら綺麗・可愛い写メの女性

サイトでたまにびっくりするぐらいの美人女性や可愛い女性を見かけることがありますが、そういった女性もCBや業者の可能性が高いです。

また、キャッシュバッカー以外にも、サイトで定期的に開催されている写メコンテストへの参加だけを目的とした女性利用者の可能性もあります。写メコン参加者は、自身の渾身の一枚の写メ画像をコンテストに応募し最も評価された人に贈られる金銭や景品を目当てとして出会い系サイトに登録しています。そのため、綺麗な女性が多いという傾向があるので写メを見ているとついメールを送りたくなってしまうものですが、ほぼすべての女性が出会うことは目的としていないのでメールを送っても出会えません。

写メコンに参加している

写メコンに参加している女性もキャッシュバッカーの可能性が高いです。

写メコンに参加している女性の目的は、コンテストで入賞するともらえる賞金を獲得することです。たとえば、PCMAXでは毎月写メコンが開催されていて、優勝すると30,000円もらえるなどお小遣い稼ぎにはもってこいの内容になっています。

写メコンに参加している女性は、男性と出会うことは始めから一切考えていないという人も多いです。参加者のプロフィールを見てみると、リアルで会うのは無理です、といったコメントを投稿している女性も少なくありません。

写メコン参加者は、コンテストに参加するだけあってルックスに自信のあるキレイな女性が多いですが、淡い期待を抱いてメールを送っても返事すらもらえないことも多いのでポイントを使うかどうかは慎重に判断しましょう。

こうした写メは、概してキャッシュバッカーなどが投稿している顔写メはほとんどが似たような構図の写真画像であることが多いです。そして、それらの多くはTwitterやSNS上に投稿された写メを無断盗用した写真であると考えられます。

悪用された写メの出所がTwitterやSNSと疑われる理由

Twitterでは非常に多くの女性が日常を呟いたり写真をUPしています。そこで公開される写真の中にはその日のコーディネートを『今日のコーデ』としてフォロワーに紹介する自画撮り写メもかなり多く、出会い系のキャッシュバッカーが投稿している顔写メは、写真の撮り方や構図、顔の隠れ具合など様々な面でまさにそれらの写メに非常によく似ています。

キャッシュバッカーは、男性を騙すことを目的としているわけなので自らの写メを投稿するリスクを冒すことはほとんどありません。それは、写メ画像を持たない業者なども同様です。つまり、いずれにしてもそういった悪質な利用者は余所から出会い系に投稿する用の顔写メを調達する必要が生じることになるわけです。大勢の利用者がいて、写真をたくさん投稿しているTwitterやSNSなどは顔写メを収集する場所として、そういった悪意ある人たちにとっては格好の場所でいくらでも写メ画像を取集することができてしまいます。

これが、出会い系におけるキャッシュバッカーらの写メ画像がTwitterやSNS上から無断で盗用されたものであると疑われる大きな理由です。

もし、このブログをご覧の女性の中でTwitterやSNSなども愛用している人がいたら、出会い系に女性として成りすまして登録している悪質な業者などに写メを悪用されるリスクがあるということを踏まえ、写メをUPする際は充分に気をつけるようにしてください。ネット上で一度悪用された写メは回収すること、ネット上から削除することが大変困難です。そういう事態に巻き込まれないためにも、写メ画像(特に顔写メ)の取扱いには注意が必要です。

問題の本質はポイントを無駄にすることにある

ただし、サクラ出会い系への誘導を目的する業者にしてもメアド回収を目的とする業者にしても、たとえ騙されたとしても実害を抑えることは可能です。サクラ出会い系に誘導されたとしても、そのサイトを利用しなければ特に問題はありませんし、迷惑メールが送られてきたとしても無視していれば被害は生じません。

事の本質は、それらの業者にあたってしまうことで、ポイント代金を無駄にしてしまうということにあるのです。こうした業者にあたってメールをしたからといって消費した分のポイントを返還してくれるサービスはどの出会い系サイトにもありません。

ですので、使用したポイントはただ無駄に終わってしまうということになるわけです。いくら少額料金に抑えられているとはいってもそれが何回も起きてしまえば額が膨らみ大きな無駄になります。

したがって、こういった業者にあたってしまうリスクは、直接な被害はそこまで大きくなくてもポイントを無駄にしてしまうという決して小さくないものであるということを念頭に入れておかなければいけません。

※関連記事