ハッピーメールやPCMAXなどの出会い系サイトや出会いアプリで自分からLINEやカカオのIDやメールアドレスを送ってくる女性の正体とは?一般の女性を装って連絡先の交換を持ちかけてくる業者の特徴や手口と見分け方、釣られないための対策法について解説しています。

LINEやカカオのID、アドレスを送ってくる女性

ハピメやPCマックスなどの本当に出会える系の出会い系では、女性からいきなりLINEやカカオのID、メールアドレスを教えられることがあります。

普通、出会い系では女性側からメールをもらうことはあまりないことですし、女性の方から先に連絡先を教えてもらえることもほとんどありません。そもそも出会い系では女性とLINEやカカオのID、メアドなどの連絡先の交換ができること自体が貴重ですし、ましてや、最初の1通目のメールで女性の連絡先をゲットできることなどまずあり得ないと言ってもいいほどラッキーなことです。

そのため、僕ら男性ユーザーからしてみれば、かなりの幸運に預かったとばかりに喜び勇んで教えてもらったIDやメアド宛てにラインやカカオ、直メを送ってしまいそうになるところですが、思わぬ被害に遭う危険性があるので注意が必要です。

※関連記事

連絡先を教えてくる女性の正体とは?

実は、出会い系で自分からLINEやカカオのIDなどの連絡先を教えてくる女性は、サクラ出会い系の誘導業者である可能性がとても高いです。

サクラ出会い系の誘導業者とは、ハッピーメールやPCMAXなどの出会い系に女性ユーザーとして不正に登録し、自らが運営する悪徳サクラ詐欺の出会い系へと誘導する業者のことで、出会える系の優良出会い系には必ずと言っていいほど誘導業者が一定数紛れこんでいます。

誘導業者が男性を騙す手口にはいくつかのパターンがありますが、以下の条件に当てはまる場合は 100% 業者と見て間違いありません。

  • 最初のメールで連絡先を送ってくる
  • メールに書いてあるIDやアドレスがひらがななどの伏せ字になっている

外部の出会い系へとユーザーを誘導する業者に対しては、各出会い系の運営会社も厳しい取り締まりを実施しています。たとえば、不特定多数の男性ユーザーに対してLINEやカカオのID、アドレスを一斉に送信している女性はシステム的に自動で検知する仕組みを導入するなどして、被害を事前に食い止めるなどの対処を行っています。誘導業者は、そうした監視の目を掻い潜るために、IDやアドレスをひらがななどに置き換えて送ってくるというわけです。

普通に考えれば、一般の女性ユーザーがLINEやカカオのID、メールアドレスをわざわざひらがななどに置き換えて男性に教える理由などないので、業者確定ということになります。

ラインや直メを送ってしまうとどうなる?

誘導業者から教えられたID宛てにラインをしたり、直メを送ってしまうと、最終的にはサクラ詐欺の絶対出会えない出会い系へと誘導されて登録するよう求められることになります。そこまで行きつくまでの手口として多いのは次のようなものです。

  • あからさまに出会い系と分かるサイトやアプリを教えられ登録するようお願いされる
  • プロフサイトや掲示板、SNSを教えられてそこでやり取りするために登録を求められる
  • 専用のメッセンジャーでやり取りしたいと言って特定のアプリのインストールを求められる

一般的には、誘導業者はこれらのいずれかの手口でサクラ出会い系に誘導し登録させようとします。他にも、出会い掲示板に誘導されてそこでメッセージを送ってほしいと頼まれることもあります。この場合、メッセージ送信ボタンが実はサクラ出会い系への登録ボタンになっており、知らない間にサクラ出会い系に登録させられてしまうことになります。

上記のいずれかのパターンでも、2・3回は普通のメッセージのやり取りをして、その後、本題に入って誘導されるというケースが多いです。

また、ラインやカカオで直接つながったり、直メで連絡を取り合うと、こちらのIDやアドレスも知られることになりますが、こちらの連絡先宛ての悪徳出会い系の広告メールやサクラメールが大量に届く場合もあります。ラインの場合はブロックしてしまえば済みますが、アドレス宛てに送られてくるメールは送信元がコロコロ変わるので完全に防ぐのが難しくとても鬱陶しいことになるので、教えられた連絡先宛てに直接ラインやメールをするのは絶対に避けた方がいいです。

一般の女性と業者を見分けるポイント

一方的に連絡先を教えてくる誘導業者と一般の女性と見分けるのはとても簡単です。

一般の女性が、出会い系でやり取りしたことがない男性に対していきなりLINEやカカオのID、メールアドレスを自分から教えることはまずありません。普通の“まともな”女性は、サイト内メール(アプリ内メール)をしばらくやり取りした後で信用できる男性かを見極めてから連絡先の交換をします。しかも、自分からではなく男性側からLINEのIDやアドレスを送ってもらうようお願いするパターンが多いのが特徴です。

最初のメールでいきなり連絡先を送ってくる業者とは、やり取りの仕方がまったく違うことが分かるかと思います。

この点だけに注意しさえすれば、出会い系で誘導業者に釣られる心配はありませんし、信用できる相手か?本当に出会える相手かを見極められます。

同じ業者でも“援デリ”業者には注意が必要

出会い系での連絡先交換については、これまでは上記のポイントだけを気にしていれば、安全に出会える女性か業者かを簡単に見極めることができていましたが、最近ではそれほど単純ではなくなりつつあります。

というのも、出会い系で売春斡旋のための客引きを行う援デリ業者が、LINEやカカオのID、メールアドレスの交換に応じて直接やり取りするケースが増えてきているためです。

ややこしいことに、援デリ業者は一般の女性と同じように、サイト内・アプリ内では自然なやり取りして連絡先の交換を持ちかけ、直接やり取りするようになってからお金の要求など条件の話を持ち出してくることが多いので、連絡先交換のタイミングや流れだけで悪質な業者か、信用できる出会える女性かを見分けるのが難しくなっているのです。

もし、出会い系で普通の女性と信用して直接やり取りしてみたらお金の話を持ち出してきたという場合は、確実に相手は援デリ業者なのでそこでやり取りを中止し無視することを徹底しましょう。

業者を見分けて安全にLINE IDや連絡先を交換するのは簡単

出会い系を悪用する業者も対策や攻略法が知れ渡ると新たな手口を次々と考案してきますが、誘導業者にしても援デリ業者にしても少し注意さえしておけば見分けるのは簡単なので、一般の女性とLINEやカカオのID、アドレスを交換して出会うのは全然難しいことではありません。

誘導業者
⇒最初メールで連絡先を教えてくるか?連絡先が伏せ字になっているか?
援デリ業者
会うときの条件としてお金を要求してくるか?

この点だけ注意していれば、それぞれ業者と一般の女性を的確に見分けることができるので、業者を避けて安全に連絡先を交換して出会うことができます。