出会い系アプリは会える仕様になっているサイトであれば基本的に業者が必ずいるものです。婚活向けのFacebook系の出会いアプリ以外の一般的な出会い系アプリには必ず援デリやサクラ出会い系の業者がいるのでより安全性の高いアプリを選ぶことが大切です。

サクラや業者の登録を防ぐのが難しい出会い系の仕組み

出会い系アプリは簡単な登録だけで使えることが評判となって利用者数を増やしてきました。基本的に、携帯やメールアドレスさえあれば誰でも自由に登録と退会ができるのが出会い系の魅力のひとつです。

特に女性登録者を呼び込むためには、登録の仕組みや方法はできるだけ簡単な方が望ましいので、出会える系のサイトをはじめとした出会い系アプリはどれも簡単な登録手続きだけですぐに出会い探しができるようになっています。

ここ最近流行している、GPS検索をして近所にいる人を見つけてチャット形式のメールで出会える無料の出会い系アプリには ぎゃるる のように登録すら必要なく、ダウンロードするだけで使えるものがあるほどです。登録すらも必要ないアプリには当然ながら悪質な業者や女性会員水増しのためのサクラが大量にいるのでほとんど出会えないです。

※関連記事

出会い系アプリは仕組み上、誰もが気軽に使えるため一般の利用者に紛れて悪質な業者が紛れこむのを防ぐのはかなり難しいです。悪質な業者もバカではないので、登録のときなどに目立つようなことはあまりしません。チェックが緩んだときを見計らって静かに活動を開始することが多いので、すべての業者を洗い出し悪用を未然に防ぐのは至難の業といってもいいでしょう。

出会い系に登録している業者の種類

出会い系アプリに登録している可能性のある業者で多いのは、以下の2つのタイプです。

  1. 援デリ業者
  2. アドレス収集業者

援デリ業者

出会い系に一般の利用者として登録している業者の中で最も多いのは、援デリ業者です。これはランキングで評価している、優良系の出会いアプリには必ずといっていいほど援デリの業者が登録しているサクラがいますし、その数も非常に多いです。

おそらく、出会い系に登録した男性のほとんどが一度は釣られてメールを送ったことがあるはずです。つまり、それぐらい登録している数が多いということです。

アドレス収集業者

次に多いのが、メールアドレス収集目的の業者です。これはメールアドレスを男性に教えたり、反対に送信させることで出会い系の男性登録者のアドレスを無数にかき集め、迷惑メールの送信先として悪用することを狙いとしています。

迷惑メールの送信先として悪用する以外にも、勝手にサクラ出会い系などにそのアドレスで登録して、サクラからの勧誘メールが半永久的にたくさん届き続けるよう仕向けるという悪質なケースもあります。

また、アドレス収集業者は連絡先を集めて別業者に転売する目的の場合が多いですが、サクラ出会い系の業者が直接出会える系のアプリに登録して会員のアドレスを収集する場合もあります。

より業者の少ない、安全性の高い出会いアプリを使う

こういった悪質な業者は、一般的に大人の出会いができる出会い系に多いです。反対に、婚活向けのラブサーチなどの出会い系には少なく、登録者の身元が比較的確かなFacebook系の出会いアプリにはほとんどいません。

また、出会える系の有名どころの出会いアプリでも、サイトによって業者の取り締まりに対する対応が違うこともあるので、より業者が少なくて安全に出会える可能性が高いアプリを使うのがおすすめです。その意味で、現在最も信頼できる安全性の高い出会い系は ワクワクメール と評価できます。ワクワクメールは、口コミでの評判がいいことからも分かる通り、業者の中でも特にアドレス収集業者に対する取り締まりが秒速と言えるほど厳しくそして早いのが特徴です。援デリのサクラ対策は、それほど厳しくはないものの、他の出会い系に比べれば業者による荒らし具合はまだマシな方と評価できますし、何よりも真面目な出会いだけでなく、大人の出会い目的でも素人の一般女性と出会いやすいというメリットがあるのでおすすめです。

サクラや業者がいないことばかりにこだわり過ぎると、出会える可能性が低くなる場合もあるので、ある程度業者の存在は仕方ないと割り切って、その上でより出会いやすいアプリを選ぶというのがおすすめの攻略法です。