ラインやメールで出会い系サイトに登録させようとする女は、サクラ出会い系の誘導業者の可能性が高いです。サクラ詐欺の悪質な出会い系サイトの業者は、女性のふりをして男性にラインやメールを送りサクラ出会い系に登録させようとするので騙されないようにしましょう。

出会い系に多い誘導業者

YYC(ワイワイシー)などの「出会える系の出会い系サイト」には、男性登録者を他のサイトに誘導し登録させようとする女性がいます。

女性は実在しない架空の人物で、サクラ出会い系の誘導業者が女性になりすましていることが多いです。誘導する先の出会い系はほぼ例外なくサクラ詐欺サイトです。

YYC(ワイワイシー)などの出会える系のサイトから男性登録者を誘い出し、悪質なサイトへ登録させようとする業者は、現在とても増えています。このタイプの業者は、アドレス回収業者とも言われます。

アドレス回収業者が増加している理由

出会える系のサイトで男性をサクラ出会い系に誘導するアドレス回収業者が増えている理由は、サクラ出会い系単体では、新規の登録者を集めることが難しくなってきているからです。

一昔前とは違い、出会い系を使う男性はどのサイトが安全で出会えるか、どのサイトが危険かを見極められる人が増えてきました。ランキングで紹介しているサイトぐらいしか安全で出会える出会い系がないことを知っている人が格段に増えています。

新規の男性登録者を集めることが難しくなってきたことで、新たな集客方法として使われるようになったのが、出会える系の出会い系サイトから誘導するという手口です。

LINEやメールで悪質サイトをおすすめしてくる

出会える系のサイトを悪用して、サクラ出会い系に男性を誘導する業者は、男性とメールアドレスやLINEのIDを交換して、直メのやり取りを通じてサクラサイトをおすすめしてきます。

サクラサイトを「おすすめの出会い系」として紹介されることもあれば、「普段はこっちのサイトにいることが多い」などという誘い文句で誘導しようとするのが常套手段です。

出会える系の出会い系サイトで、連絡先を交換した女性がラインやメールで他のサイトを紹介してきたときは、アドレス回収業者(またはサクラ出会い系の業者)の可能性が高いと考えて間違いありません。

無料出会いアプリを使う業者も多い

LINEやメールから出会い系に登録させようとする女性は、「出会える系の出会い系サイト」以外にもダウンロードユーザー数が増えている無料の出会い系アプリでも急増しています。

サイトにもアプリにも当てはまるのは、他の出会い系にアクセスさせて登録するようすすめてくる女性は、例外なく業者の可能性が高いということです。メールアドレスの交換ができるから会える女性と考えて、相手の求めるままにラインのIDやアドレスを教える前に、相手が業者でないかをしっかりとチェックすることが被害を防ぐためのポイントです。

※関連記事
※関連記事