注意事項青少年保護の観点から18歳未満の児童が出会い系サイトを利用することは法律によって禁止されています。そのため、安全で優良と評価できる出会い系サイトはすべて登録者が18歳未満の児童でないことを公的な書類等によってしっかりと確認していますので決して利用することはできません。

規制法による明確な禁止

出会い系サイトの利用者(特に男性)の中には、18歳未満の未成年者と出会うことを目的に登録する人がいますが、18歳未満の未成年者を誘因する行為は、出会い系サイト規制法によって禁止されている犯罪行為なので決して行ってはいけないということを理解しておきましょう。

18歳未満の児童は出会い系を利用してはいけない

出会い系サイトはポイント制や無料制などの料金体系などに関わらずすべて、法律によって18歳未満の未成年者が利用することが禁止されています。法律の定めに従い、出会える系のサイトはどのサイトにおいても、登録者が18歳未満の児童でないことを確認する『年齢認証』を公的な書類等によって実施しており、その手続きをきちんと踏まないと出会いにつながる機能(メールのやり取りやアドレス交換)は一切利用できない仕組みになっています。

登録者の年齢確認を一人一人厳密に行っていますので、そもそも18歳未満の未成年者が入り込む余地はほとんどありません。たとえ、18歳未満の未成年者が登録してきても、年齢確認ができないのでメアド交換などは一切できなくなっていますし、会うこともできません。

出会い系サイトの中には年齢認証の手続きを簡略化したり、そもそも登録者の年齢確認義務を果たしていないサイトが存在します。未成年者が援交などの被害に遭うのは、こういったタイプのサイトを使うことがきっかけとなるのがほとんどです。年齢確認を厳密に行っていない出会い系では、登録したすべてのユーザーに対してサクラ詐欺をはたらくという危険性も高いので、年齢問わず決して利用することがすすめられません。

18歳未満の未成年者は何とかして出会い系サイトを使おうとしたり、または使えるサイトを探そうとするかもしれませんが、使えたとしても詐欺や援交などの犯罪被害に遭うだけです。法律が定める通り、決して登録も利用もしないのが最も安全だということを肝に銘じておきましょう。

援助交際問題がなくならない背景

出会い系サイトを通じての援助交際問題がなくならない最大の理由は、18歳未満の未成年者が普通にサイトを利用することができてしまう悪質な出会い系が存在し続けていることです。

ただ、それよりももっと問題なのは、18歳未満の児童との援助交際を求める大人がいることです。

仮に、18歳未満の児童と出会うという犯罪行為に走る大人がいなかったとしたら、たとえ年齢確認の措置を行っていなくても出会い系サイト絡みの援助交際問題は発生しようがありません。

時折、18歳未満の児童が出会い系で援交被害に遭ったというニュースが流れることがありますが、それは裏を返せば、18歳未満の児童との援助交際を求める大人が実際にいるということなのです。

18歳未満と知りながらメアド交換をするのも違法

相手が18歳未満の未成年者の場合は、摘発対象となる可能性が高いので充分な注意が必要です。出会い系サイト規制法では、相手が18歳未満の未成年者であることを知りながら会うことを要求したり、性的な画像を送信するよう要求することなどが明確に禁止事項として謳われています。出会おうが出会わなかろうが、出会い系を通じて18歳未満の未成年者とメールをすること自体が違法性が非常に高いです。

たとえば、アドレスやLINEの交換も、目的は実際に出会うことと考えるのが自然なので違法性が高いということになります。単にメル友を募集するだけであれば、アドレスを交換する必要はありません。出会い系サイトでメールアドレスを交換するのは、それが会うことに直接結びつくためです。こうした行為は、列記とした「児童を誘因する行為」に該当するので摘発対象となる可能性が非常に高いです。

18歳以上であれば犯罪ではない

それに対して、同じ未成年者でも18歳以上であることが公的な書類(免許証や健康保険証など)などによって確認された人に関しては、出会い系サイトを利用することができますし、そういった未成年者に対して会おうと誘うことも犯罪とはなりません。

ワクワクメールなどの優良で安全な出会える系の出会い系サイトは、未成年者でも18歳以上であることの確認手続きをすれば普通に大人と同じようにサイトを利用して出会うことができるようになっています。

18歳未満の女性が登録している可能性

出会い系には、20歳前後の利用者も非常に多いです。

出会い系の体験・経験から言えるのは、若い女性がメールしてくる場合は、往々にして援助交際希望のケースも多いので、20歳前後の若い女性利用者からのメールに返信することには危険性もあります。せっかくの女性からのメールということで出会える可能性が高いと飛びつくように返信をしてしまいがちなので、相手の女性の目的をしっかり見分けてからメールを送るようにしなければいけません。

また、援デリ業者やキャッシュバッカーが20歳前後の若い女性利用者になりすましていることもあります。男性の多くが若い年齢の女性を好むことを前提に、返信率を高めるために20歳前後の女性のふりをして誘う場合もあります。

さらに、メールを送ってくる女性の年齢が18歳・19歳となっている場合は、18歳未満の児童が年齢を偽って登録している可能性も考えられます。出会える系の出会い系サイトでは、登録者の児童でない確認を公的な書類等でしっかりと一人一人確認していますが、それでも中には書類を偽装して潜り込む児童が稀にいるのもたしかです。それらの不正ユーザーは18歳・19歳といった年齢を設定する傾向があるので注意が必要です。

出会い系サイトを悪用して援助交際などをしようとする児童の中には、年齢確認の書類に他人のものを使ったりする人もいるので、特に相手が18歳や19歳である場合は、事前にしっかりと児童でないことを確かめておかないといけません。たとえ、相手が年齢をごまかしていたとしても児童と出会ったということになれば犯罪になる可能性が高いので注意しましょう。

何よりも、18歳以上であるか未満であるかに関わらず未成年者とはできるだけ関わらないようにするのが無難です。

高いモラル意識が求められる出会い系利用者

いずれにしても言えるのは、出会い系サイトを利用する人には、高いモラル意識が求められるということです。

社会的な悪質行為である援助交際の問題を根絶するためには、我々大人の出会い系利用者がしっかりと責任ある言動をする必要があります。

出会い系サイトは、知り合いようがない人とでも出会うことができるという便利な一面を備えたwebサービスです。しかし、使い方次第では犯罪の温床ともなり得ます。その両面のどちらを引き出すかは我々利用者の使い方次第です。

この点について改めて再認識した上で出会い系サイトを正しく利用することが大切です。