出会い系サイトのプロフィールや掲示板に顔出し写メを投稿するのは、画像が悪用される危険があるのでやめておいた方がいいです。出会える系のサイトには利用者の写メを収集することを目的とした悪質な業者が利用者になりすまして登録している場合があるので顔写メを掲載するのは避けた方が安全です。

顔写メが悪用される危険

出会い系に顔を載せるのはやめておいた方がいい理由は、載せた写真が悪用される恐れがあるためです。

出会い系サイトにはサクラ詐欺を行う悪徳出会い系の業者が男性としても女性としても利用者になりすまして登録しています。業者は自らが運営するサクラ出会い系へと利用者を誘導することやメアドを収集することを第一の目的としながら、それと同時にサクラ用の写メ画像として利用できるようなプロフィール写真などをも収集している場合もあります。

つまり、出会い系で顔を載せてしまうと自分の写真が悪徳出会い系などにおいてサクラ用の写メとして悪用される危険性もあるのです。このことは、TwitterやSNS上で掲載された写メ画像を悪用して活動するキャッシュバッカーや援デリ業者などの実態を見ても分かる通りで、これと似たような被害に遭うリスクがあるのです。

一度悪用されると取り返しがつかない

写メを悪用されたことが分かった時点で無断使用を止めさせることができればさほど大きな問題とはなりませんが、実際には一度でも写真を悪用されてしまうと決して回収できないという事態に陥ることがほとんどです。

他人の写メを悪用する業者は似たような業者同士で収集した写真やメールアドレスを融通し合うので2次被害、3次被害が発生する可能性の方がはるかに高く危険です。

顔写真を載せる際には、加工や撮り方を工夫する

出会い系サイトで顔写メを載せるときには、慎重に判断しましょう。たとえば、顔写真でも誰か分からないようにするとか、目線を入れておくなどの加工をしたり、顔全体が写らないような角度で撮影するなど写真の撮り方を工夫することが必要です。

それでも、悪徳業者は構わず写メを盗んでいくことがあるので安全とは言い切れませんが、人物が特定できない状態の写真であれば仮に悪用されたとしても被害は最小限で済みます。

ただし、それでも出会い系サイトで顔を載せるのはリスクがあると言わざるを得ないので、できれば顔写メはメールのやり取りをしている人と個別に交換するのが望ましいと知っておいてください。

また、顔写真ではなくアバターや似顔絵などをプロフ写真として登録するのもおすすめです。たとえば、ワクワクメールには、顔写メを元に無料で似顔絵を作成してもらえるサービスがあります。似顔絵であれば、業者に悪用される可能性も低いです。似顔絵の仕上がりはとてもいいので、写メを載せることで女性と出会える可能性が高くなるというメリットを損なわずに、写メを悪用される危険性を回避することができます。