写メ画像プロフィールなどに写メを載せて顔バレする危険を避けるには、顔がはっきりと分かる写メは個別にメールで送信するのが望ましいです。プロフや掲示板に写メを投稿しないことで、写メが悪徳業者に悪用される危険を避けることもできます。

出会い系で顔バレする危険性

出会い系サイトで顔写メ画像を公開すると異性の知り合いにバレる可能性があります。サクラがいない出会い系には非常に多くの利用者がいるので写メ画像を公開すると知り合いに知られてしまう可能性があるわけです。

プロフィールに写メ画像を掲載することは、出会い系で会える確率を高める方法のひとつとして有効ではありますが、誰もが見ることができるプロフィールページに写メを載せてしまうと知り合いなどに見つかる危険性もあります。

知り合いが出会い系を使っている可能性

出会える系の優良な出会い系サイトは多くの人が利用しているというのが大きな特徴です。

日本の出会い系サイトの中では最も会員数が多いとされる(800万人以上) YYC(ワイワイシー) や、海外発の不倫専用出会いSNSとして評判の アシュレイマディソン には全世界で2,200万人以上の人が登録していると言われていることからも分かる通り、出会い系を利用する人は、ごく限られた特定の人というわけではなく、今や徐々にポピュラーなものとなりつつあります。

したがって、自分が登録している出会い系サイトに知り合いや友達などの身近な人が登録していたとしても不思議ではないということです。東京などの大都市部では街中を歩いていても出会い系の広告を見かけることが多いので、知り合いが自分と同じ出会い系に登録しているというのは十分考え得ることです。

同性よりも異性にバレる危険性の方が高い

出会い系サイトは基本的には異性を探す目的で登録するものなので、同性にバレる可能性よりも異性の知り合いにバレる可能性の方が圧倒的に高いと言えます。ですから、出会い系で自分の画像を公開する際には、異性の知り合いに顔バレしてしまうリスクがあるということを理解しておく必要があります。

たとえば、結婚している男性であれば、会社の同僚の女性や奥さんの知り合い、学生時代の旧友などが同じ出会い系を使っていてそれを知られてトラブルに発展してしまう危険性があるということになります。

知り合いにバレないための写メ画像の使い方

もし、出会い系サイトを使っていることがバレたとしても写真が悪用されたというような言い訳で弁解することはできなくはありませんが、それよりもやはり知り合いにバレないに越したことはありませんので、画像の取り扱いには十分に注意するということが大切です。

掲示板への投稿・書き込みに際して自分の顔写メを掲載することはもちろんのこと、プロフィール写真として顔写メ画像を掲載することも、知り合いにバレる可能性を高くしてしまうだけなので避けなければいけません。写メ画像は相手と個別にメールのやり取りをする際に送信するというのが最も望ましい方法です。

このことは、公開した顔写メが悪質な業者に無断盗用されるリスクを防ぐことにもつながります。出会い系の女性利用者の中には、男性の写真を集める目的で登録している業者が紛れ込んでいる可能性があるので予防措置として大々的に公開しないということが大切なのです。

※関連記事
投稿・送信した写メが流出・悪用される危険性

ネット上の情報を調べてみると、いい加減な内容の情報ばかりを配信している情報サイトなどにおいて、出会い系で出会える確率を高めるためには、写メを掲載しておく方が望ましいと解説しているケースを見かけることがありますが、写メを載せることの危険性については言及していない場合も多いです。いたずらに写メの投稿や掲載をおすすめするのは、写メが悪用される危険性を高めるだけなのでくれぐれも注意しましょう。