出会い系で女性がサクラや業者、悪質な男性に騙されないためには、出会える系の安全なサイトに登録すること、他のサイトに誘導しようとする人にアドレスを教えないこと、体目当てなのを隠して真剣に付き合うと嘘をついて執拗に会おうと誘ってくる男性釣られないことが大切です。

サクラ出会い系では女性も騙される危険性がある

以前は出会い系でサクラに騙されるのは男性ばかりでしたが、現在のサクラ出会い系では女性も被害に遭う可能性があります。悪徳サイトでは女性がサクラ詐欺のターゲットになることも多いです。

サクラに騙されるのは男性だけで、女性は安全だと考えている人も多いですが、現在ではむしろ男性よりも女性がサクラに騙されて被害に遭うというケースが非常に多くなっています。

出会い系で女性はサクラ被害に遭うことなく無料で安全に利用できたというのは、今ではもう過去の話です。悪質出会い系のサクラは以前は男性利用者を詐欺のターゲットとしていましたが、サクラを見分ける方法や騙されても料金を支払う必要がないということなどの知識がたくさんの男性利用者の間で共有されるようになってきたこともあって、年々男性を騙せなくなってきているのです。

そのことから、より騙しやすい女性利用者に目をつけて、男性に対して行っていたのと同じようなサクラ詐欺を女性に対して行うようになっているというのが現在の悪質なサクラ出会い系の実態です。今では、サクラが狙うのは男性よりもむしろ女性と言っても過言ではないほど女性の出会い系利用者に詐欺の矛先が向いているのです。

したがって、女性だからといって安全に利用できて、課金されることもないと考えるのは大変危険です。女性に対して多額の金銭を提供するという内容のメールを送りつける手口を使う男のサクラが非常に多く、またそれに釣られてしまう女性が後を絶たないことから被害が拡大しているので、誤った認識や理解に基づいて出会い系に登録し被害に遭わないようにしなければいけません。

出会える系のサイトでの女性の出会い系被害

出会える系のサイトでは比較的安全に出会える女性でも以下のような被害に遭う危険性があります。

  1. 男性に成りすますサクラ出会い系業者による誘導
  2. メールアドレス収集業者によるメアド回収
  3. 写メの収集業者によるプロフィール写真の無断盗用
  4. 悪意ある男性利用者による恐喝・脅し
  5. 真剣に付き合うと嘘をついて会う男性によるヤリ捨て被害

男性に成りすまし登録しているサクラ出会い系業者による誘導

悪質なサクラ詐欺サイトではなく、出会える系の優良サイトに登録している場合でも、男性としてなりすまし登録している業者に誘導されてサクラ被害に遭う危険性があります。

迷惑メールの送信や架空の占いサイトなどからサクラサイトへと誘導するやり方とともに、出会える系の優良サイトに登録している女性を誘導する手口もよく使われています。

メールアドレス収集業者によるメアド回収

メールアドレスやLINE IDを交換するふりをして、女性に連絡先を送信させ、アドレスやLINEのIDを収集する業者に騙される危険性もあります。

一度アドレスを回収されてしまうと、アドレスが転売されるなどして大量の迷惑メールが送信されてくることになります。

迷惑メール送信業者にとってメール送信するコストなどほぼゼロに等しいものです。たとえ一人でも騙すことができれば多額の不正な売上を上げることができてしまいます。

出会い系の迷惑メールを送信する業者にとって、効率よく騙せるのは出会い系に関心や興味がある女性たちです。その点、すでに何らかの出会い系を利用している女性であれば出会い系サイトに関心があると評価・判断することができるのでメールアドレス回収のターゲットになりやすいのです。

写メの収集業者によるプロフィール写真の無断盗用

女性利用者が出会い系サイトで投稿・掲載した写メ画像は、その収集と悪用を目的とした悪徳業者に無断で盗用される恐れがあります。メールアドレス同様に、サクラ出会い系の業界内では、無断盗用されたプロフ写真が日常的に売買されており、それらはサクラ用のプロフィール写メとして使われることになります。

これらの悪徳業者によって、収集された写メは一度でも流出してしまうと、それを食い止めるのはほとんど不可能なので、登録者が誰も見ることができるような場所(プロフィールや掲示板)などに、大々的に写メを投稿・掲載するのは控えるのが賢明です。

悪意ある男性利用者による恐喝・脅し

女性にとっては比較的安全に出会いができる環境が整っている出会える系のサイトでも、タチの悪い男性はいるものです。中には、女性が公開しているプロフィール写真や、メールのやり取りを通じて教えた個人情報を元に、恐喝まがいの悪事をはたらく男性もいます。

出会い系を使っていることを近しい人たちや家族に暴露するなどという脅し文句で、関係を迫ったり時には金銭を要求するケースもあるのです。こうした悪意ある利用者にとっては出会える系の優良な出会い系に登録し、写メアルバムや日々の行動が分かりやすい日記の投稿など、積極的に活動している女性たちは格好のターゲットになってしまうので注意が必要です。

真剣に付き合うと嘘をついて会う男性によるヤリ捨て被害

出会える系の出会い系で女性が騙される被害で最も多いのは、真剣に付き合うと嘘をついて会う約束を取り付けておいて、実際に会ったらヤリ捨てされるという被害です。

男性の中には、たとえば既婚者であることを隠して独身のフリをして彼氏として付き合おうとするような人や、真面目な恋愛や真剣な交際をすると見せかけてヤリ捨てする男性もいるので、実際に会う男性のことは慎重に見分けることを心がけましょう。

誰にでも送っていそうなコピペメールっぽいアプローチメールを送ってくる男性は、ヤリ目の可能性があるので、メールのやり取りの内容や様子から相手の性格や人柄を読み取るようにしましょう。また、会ってからも簡単に相手の言うことを信用して身体を許してしまうのではなく、慎重に付き合いを進展させることをおすすめします。

特に、真剣に彼氏を探すために出会い系に登録している女性は、彼氏欲しさのあまり簡単に男性の言うことを信用してしまい、ヤリ捨てされてしまうという被害に遭わないよう、会う男性はしっかりと選ぶことを心がけてください。

※関連記事

被害に遭わないための対策

女性が被害に遭わないためには以下の事柄を守ることが大切です。

  • 多額の金銭を提供するなどのうまい話に乗らない
  • 最初のメールでメアドを要求する男性は避ける
  • 写メや詳しい個人情報は会うまで明かさない

サクラ出会い系へと誘導することを目的に男性に成りすましている業者は、言葉巧みに女性に言い寄ってきます。女性に好まれるようなプロフィール(高収入でイケメン、高身長など)を設定し、あたかもその人物が実在するかのように思わせて女性を惹きつけたり、金銭をエサに他サイトへと誘導しようとするのです。

相手の個人的なメールアドレスを直接教えてもらうでもない限り、他サイトへの誘導はもちろんのこと直アド以外の連絡方法などを提示されたとしても応じてはいけません。


女性のメールアドレスを回収することを目的とした業者は、効率よくメールアドレスを回収するために、掲示板の投稿やプロフィールコメントで女性に対し、メールアドレスを送ることを要求するような内容のコメントを投稿していることがあるので注意しましょう。たとえば、次のような投稿を見かけたら特に要注意です。

業者や冷やかし、サクラが多いのでメアドを送ってくれた人にだけ返信します。
それ以外は無視しますのでよろしくです!

ポイントは、業者やサクラといった言葉を使うことで自分が業者でないことを暗にほのめかして自分が一般の男性利用者であると信じ込ませようとする点です。このようなコメントを高収入などの女性にとって理想的なプロフィールの男性が行っていたらほぼ間違いなくメールアドレスを収集することを目的とした業者と評価・判断して問題ありません。


写メや個人情報が悪用される被害に遭わないためには、以下の3つの事柄を守って出会い探しをすることが重要です。

  • 顔がハッキリと分かる写メは投稿しない
  • プロフィールは大まかな情報のみを設定する
  • SNS機能があるサイトで日記を投稿する場合は、住んでいる地域や行動エリアが分からないような内容、写真にする

一番のポイントは、『個人が特定されないようにする』ということです。これらはいずれもその点に配慮した予防法です。

穏やかそうに思える人でもいつ、どのようなタイミングで豹変するか分かりません。被害を防ぐためには、たとえ親しくなっても実際に会って信頼関係を構築するまでは油断しないようにしましょう。